あれば調理ができてしまう器具

調理の種類を広げて煮炊きもできる万能アイテム

調理器具は、料理を美味しく作るために欠かせないアイテムです。お鍋やフライパン、包丁やまな板、フライ返し、菜箸など様々な種類のある調理器具は見ているだけでも楽しくなるほど。
こうした多彩な調理器具、そもそもは基本的なアイテムしかなかったのですが、利便性から誕生したもので、加えてご紹介するならこれからもっと増える可能性があるアイテムであるのです。
例えば、食材を混ぜる際に使う調理器具には泡立て器や菜箸などありますが、細かく混ぜ合わせるのに最適なのがスパチュラという調理器具です。形はフライ返しのような形状ですが、フライ返しよりもっと柔軟性があり、まさに混ぜることに特化した調理器具。これは、従来のものよりも柔軟性があるほうが混ぜるのに楽だという発想から誕生したものです。
このように調理器具は、使い勝手の良さを考慮してこれからもどんどん発展していく可能性が高いアイテムなのです。
とはいえ初めて調理器具を準備する、またキッチンの収納を狭くしたくないという場合には、なるべく最小限度の調理器具を揃えたいと思うものです。最低限度の調理器具でもちゃんと料理ができるように、これさえあればとりあえず料理をするのに間違いない調理器具を準備する。
こうした最低限度の調理器具を準備したいという場合に、何を選ぶべきか、必要となる料理工程を踏まえて調理器具についてご紹介します。またその調理器具を必要とする相方となる器具についてもご紹介します。

調理器具の有無で料理は劇的に変わる

お湯を沸かす、食材を茹でるなど、基本となる調理の際でも絶対に必要になるアイテム。例え調理に不慣れであっても、必要になるのがお鍋です。しかし狭いキッチンなどで多くの鍋を収納できないこともあるでしょう。種類を増やさなくても良い鍋とはどんなものなのでしょう。

どんな調理にも必要不可欠

食材を料理する際に、ほぼ間違いなく必要になるのがカットするための調理器具である包丁。とはいえどんな包丁が良いのか、また包丁以外に代用できるものはないのか、調理器具としてマストなアイテムだからこそ選び方にもポイントがあることについてご紹介します。

即席料理にも欠かせないアイテム

意外と忘れがちですが、あるととても便利な調理器具がザルです。普段料理をしないという方でも、ちょっとした即席めんを茹でるといった調理や、サラダ用に葉物野菜を洗うという経験はお持ちでしょう。ザルがあると、キッチン周りを汚さずに調理出来てとても便利なのです。