あれば調理ができてしまう器具

どんな調理にも必要不可欠

包丁選びのポイント

食材を食べやすく切る、細かく刻むなどの際に欠かせないのが包丁。調理器具の中でも欠かせない種類のアイテムといえばやはり包丁は必要です。
包丁には様々な種類のものがあります。パンなどを切る専用の包丁、中華料理で使用するような大きな包丁。また刺身を切る専用の包丁など、包丁専門店を訪れてみると、包丁の種類に驚くほど、多彩に存在しているのです。
とはいえ普段お家で簡単な料理をする程度なら、包丁はそれほどの種類を揃えておく必要はありません。文化包丁と呼ばれる一般的なもの1つで大丈夫。また、調理に手慣れておらず不安な時には一般的なサイズよりも一回り小さなもの。小さなお子さんでも安心して使えるセラミック製の包丁があります。こうしたものから使ってみると良いでしょう。

包丁以外に使えるアイテムとは

包丁を購入する際には、一緒にまな板も購入しましょう。包丁とまな板は、いわば漫才師でいうところの相方的な存在です。どちらが欠けても、それぞれの機能を十分に発揮することができません。
包丁が調理器具の基本として欠かせない種類のものであるのは分かっているけど包丁以外で代用できるものは無いのかといえば、キッチンばさみがあります。
キッチンばさみは一般的なはさみよりも切れ味が鋭く、食材や硬い容器なども切断することができるもの。料理初心者で包丁が怖いという時は、キッチンばさみを使って食材を切るのも良いでしょう。
ただし包丁と違いキッチンばさみでは、ざっくりとした切り口になってしまい、口当たりの良さが減少してしまいます。やはり面倒でも包丁は一つある方が利便性は高いです。